2006年03月

2006年03月20日

石川 能登半島最北端


禄剛崎灯台能登半島の最北端ってどんな所なんだろう? 何度かチャレンジしたけどあまりの遠さに断念することばかりだった。しかし、昨年の秋に念願叶ってやっと行く事が出来た。

輪島を出発して国道249号線をどんどん北上(正確には北東方面だが)し、大谷町で県道に入りそのまま海岸沿いのを走るとやがて最北端の禄剛崎にたどり着く。こういった岬とか半島の先端には大抵灯台があるが、ここ禄剛崎にも禄剛崎灯台と言うのがある。

灯台登り口の大型駐車場に車を止め、案内表示にしたがって急な坂道を登り始める。この坂道が半端じゃない急坂で、日ごろいかに運動してないかを思い知らされる事になる。登って行くにつれてだんだん視界が開けて来るが、のんびり景色を楽しむ余裕なんて・・・時間にして約10分位だったがいい運動になった。

急坂の上より急坂を登りきると、綺麗に整備された公園になっていて、その一番奥に禄剛埼灯台がある。海抜は46メートルあり、灯台の横はそのまま日本海へと落ち込む断崖絶壁だ。崖下には千畳敷といわれている平らな海食棚が広がっていて、干潮時は姿を見ることが出来るが、満潮になると海中に没する。

禄剛埼灯台は明治16年にイギリス人技師により設計されたフランス製不動レンズを使用したドーム型灯台である。明暗光を電気の点滅によらず、遮蔽板回転で行う方式は全国唯一のものである。また、灯台正面の記念額に菊の御紋章がついているのは全国でここだけだそうです。この灯台の光の到達距離は19海里(約35km)もあるそうです。

灯台のすぐそばに、東京まで302kmとかウラジオストックまで772kmとか釜山まで763kmと言った標識が立っていて、この日は残念ながら見る事は出来なかったけど、晴れた日には立山連峰佐渡ヶ島まで見えるそうです。そして海から昇る朝日海に沈む夕日が同じ場所から眺めることが出来る事でも有名です。例の急坂を除けば、人のあまりいない穴場的な所で、のんびり過ごすには最高の場所ですよ。

2006年03月19日

長野 清内路峠のおつけもの


清内路峠のおつけもの長野県の昼神温泉と岐阜県の妻籠宿を結ぶ国道256号線車は清内路字峠を越える峠道だ。山々に囲まれた清内路村では、その昔保存のきく食べ物は何か無いかと探し求めた結果、おつけものに辿りついた訳である。

そんな中でも老舗的なお店が清内路峠のおつけものである。店内に入ると美味しそうなおつけものが所狭しと並んでいて、そのほとんどが試食可能だ。製造直売ならではの趣向ではないだろうか。おつけものの種類は150種類を越え、隣接する工場で製造されている。工場見学も無料で行われているので、興味がある方は見学してみるのも良いかもね。

そんな数あるおつけものの中でもお薦めなのが、長いものおつけものである。シャキシャキしたその歯ごたえと、噛めば噛むほど口の中に広がるとろろ感?(こんな表現で解るかなぁ・・・)がなんとも言えない。立ち寄るとついつい何度も試食してしまう。

以前立ち寄ったときには、私の勘違いかもしれないが、確かこの長いものおつけものは一種類だけだったのだが、先日立ち寄ったときには4種類に増えていた。それぞれ、みそ仕立て(みそ付け)、キムチ(しょう油漬け)、しそ風味(酢漬け)、わさび漬けである。もちろん全て試食してきましたよ(笑)どれも美味しかったけど、私の好みはやっぱりみそ仕立てかな。

2006年03月18日

山形 酒田 山居倉庫


山居倉庫先日東北方面に行ったときに、酒田の山居倉庫に立ち寄ってみました。明治26年に建設された米の保管倉庫で現在も農業倉庫として使用されています。新井田川沿いに欅並木とともに12棟建っていて、米どころ庄内のシンボルとして有名な所です。

画像の一番奥の棟は庄内米歴史資料館として開放されていて、米づくりの歴史から現在の生産・流通の仕組みまでを学ぶことができる。ここで目を引いたのは、昔の農家の生活風景をディスプレイした等身大のジオラマ。昔の女性は力持ち
その中でも、米俵を5つ担いでる女性のジオラマを見たときは、度肝を抜かれた(笑)思わず「これってマジ?」と大きな声で言ってしまった。案内表示には「昔の女性は力持ち」とある。働き者だったという事は解るが、一つ60kgの米俵を5つと言ったら300kgですよねぇ。。。
どなたか試してみますか?(⌒▽⌒)アハハ!

他にも館内には、お米の情報が満載のオープンスペース「お米ギャラリー庄内」も併設されていて、料理のレシピが沢山置いてあります。全部で100種類位あったかなぁ・・・
主婦の皆様方、行ったさいには参考に取ってくるといいと思いますよ(笑)

2006年03月14日

三重 島ヶ原温泉 やぶっちゃの湯


f19fad86.JPG車で出掛ける事の多い筆者はよく車中で泊まる。最初の頃は慣れなくて、かえって疲れたりしてたが、最近はそんな事なくグッスリ眠ってスッキリ起きる事が出来るようになった。ただ、10分だけ休もう。。。なんてとき寝すぎてしまう事がよくある。

そして朝起きてとても億劫なのが洗顔である。寒い冬の朝なんか車から出るのさえ嫌に成る事がある。

そんなこんなで最近では立ち寄り湯の近くに泊まる事にしてて、洗顔&入浴を同時に済ます様にしている。朝のお風呂は最高に気持ちいいですね。

先日も西日本に行くことがあって、最近西に行く時のお決まり、名阪国道の伊賀SA(どうやら道の駅になるらしい)まで一気に走って泊まった。この近くにはまだまだ行ったことの無い立ち寄り湯が沢山有る。

その中でも今回は大内インターから15分程走った所にある、島ヶ原温泉やぶっちゃ」に行ってきた。

開館時間の午前10時ちょっと過ぎに到着。入湯料の800円を支払い、奥の方に行くと、男湯と女湯が分かれる所にカウンターがある。そこでロッカーの鍵と、タオルを受け取るのだが、なんとバスタオルも無料でレンタルしている。これは嬉しいサービスだ。

浴場は小奇麗で清潔感がありとても良かった。泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩温泉(等張性・中性・温泉)、いわゆる重曹泉で美人の湯ともいわれている。等張性温泉とは、浸透圧の事を示してて人間の体液に非常に近い状態になってて、長時間入浴しても疲れにくく、全国的に見てもめずらしい温泉だそうです。

一通り身体を洗った後、空を見ながら露天風呂での〜〜んびり。。。至福の時ですね(笑)身体を触るとヌルヌル感があって、とっても身体に良さそうな気がする。

温泉から出るとき、洗い流さずにそのまま出るのがいいとバスガイドさんに聞いた事がある。もちろん私もその様にしてますよ!但し朝風呂の時だけ(笑)

2006年03月09日

北海道 札幌 N43


札幌市内の居酒屋でほろ酔い気分になって、流しのタクシーを捕まえて「N43までお願いします」・・・・
面倒な説明無しに正確に目的地へと運んでくれる。

札幌市街を抜けて藻岩山の急な坂道を登り始める。その辺りは品の良い住宅街だ。標高が高くなって来るにつれてチラホラ夜景が見え始める。やがて目的地『N43』に到着だ。地元の若者が来てるのだろう、車が沢山止まっている。

N43』はショットバーだ。店内の照明は限りなく落としてあり、真っ暗な中にジャズが静かに流れている。インテリアもシンプルで大人の雰囲気たっぷりだ。

席はもちろんカウンターをリクエスト!入って右側が全部カウンター席だ。カウンターと言ってもバーテンダーがシェーカーを振ってる訳じゃなく、一面ガラス張りの窓があるだけ。もちろんそこから見えるのは最高の夜景だ。

ちなみに左側はボックス席だ。ここに来たからにはやはりカウンター席が良い。

カクテルやワイン、フードメニューも豊富。夜景を見ながら恋人同士、夢を語るもよし、将来を話し合うもよし。狙ってる女性と一緒に来れば、将来を話し合える仲になってるかもね。是非大人の夜を演出してください。

ここは私にとって隠れ家のような所かもしれない。札幌に行ったときには必ず行ってる気がする。


2006年03月07日

静岡 丸子のとろろ汁 丁字屋


1902f05c.JPG以前、旅行会社で添乗員の仕事をしてたときにツアーに盛り込まれていた食事場所がこの「丁字屋」でした。

老舗として有名なこの「丁字屋」はなんと1596年(慶長元年)の創業で、広重の絵の題材ともなった店です。

場所は東海道53次20番目の宿場町として栄えた丸子宿にあります。国道1号線で静岡駅前を過ぎて少し西に走るとやがて看板が見えてきますので、すぐに解ると思います。

丁字屋」は伝統のとろろ汁で有名です。地元静岡や九州などの自然薯をすりおろして自家製の白みそで溶き、麦飯にかけて食べます。単純なんだけど、これが最高に美味い!麦飯はお櫃に入って出てくるのですが、毎回足りなくなってしまう位食が進みます。

趣のある日本民家の中で味わうとろろ汁は格別です。古来より自然薯は山薬と云われ滋養強壮の食べ物として珍重されてきました。のど越しがいいとろろは全国的にも有名。その風味とねばりは多くの人に愛される納得の味。

あぁ〜記事書いてたら無性に食べたくなってきた・・・(⌒▽⌒)アハハ!

とろろ汁でお腹が膨れたあとは、向かいにある丸子梅園を散策するのもいいかもね。丁度いい時期かもしれない。

2006年03月06日

長野 北八ヶ岳 白駒池


317374c0.JPGもう何年も前の話になるが、清里野辺山の間にある「オスカー」と言う喫茶店の店主に「白駒池」の話を聞いた。ここ何年かクローズ常態なので、おそらく廃業したのだろう。

店主は「松原湖の奥に白駒池ってのがあって、最高にいい所だよ。よかったら行ってごらん!」と目を輝かせて言っていた。

白駒池は、国道299号線沿いの駐車場から原生林の中を10〜15分程歩いたところにある。長野、山梨両県にまたがる八ヶ岳中信高原国定公園の北八ヶ岳自然休養林の中だ。

苔むしたコメツガシラビソなどの鬱蒼とした原生林の中をテクテク登って行くと、突然眼下に現れる神秘的な池です。

周囲は約1.6km、最大深度約8.6mの自然湖で、約40〜50分で一周することが出来る。標高はなんと2115mもあり高地にある湖沼としては日本最大の池です。

白駒池と言う名称は、”白馬とともに湖に消えた悲恋の娘の伝説”にちなんで、名づけられたと言われています。

紅葉の時期は標高が高いせいか、例年9月下旬〜10月上旬頃までと、北海道の大雪山あたりと同じ時期になります。遊歩道もしっかりしてるので散策コースの一つとしておすすめです。

池が全面結氷するのが大体11月下旬頃で、この氷は翌年のGW頃まで残っています。東京等と比べると季節にして春は約2ヶ月遅く、あっという間に夏は過ぎ、秋冬は約2ヶ月早く訪れます。気温は都心と比べて約10℃は低いでしょう。

もう何度となく訪れてる「白駒池」ですが、毎回違った顔を見せてくれるので新鮮味があって最高にいいですよ!

2006年03月05日

静岡 沼津港 魚河岸 丸天


14b0c874.JPG今日・・・この時間だと昨日だね。静岡県の沼津魚市場のすぐそばにある『魚河岸 丸天』に行って来た。

以前行こうと思って出掛けたんだけど、結局時間が無くなって行けなかったお店だ。

沼津市内の予想外の渋滞に捕まって、かなり遅い到着となってしまって、魚市場は片付けに入っていた。特に買いたい物も無かったので、丸天に行く事にした。

丁度夕飯時とあって、かなり混んでる。6番目かぁ・・・入り口で名前を書いて待つ事にする。意外と回転がいいらしく10分程で呼ばれた。

店内は活気があって、漁師の女将さん風の方々が忙しそうに動き回り威勢の良い声が飛び交っている。テーブルが所狭しと並んでてゆったり座ると後は通るのがやっとといった常態だったけど、雰囲気は良かった。

本日のお目当てはここでしか食べられない物凄いかきあげだ。一体どうやって作ってるんだろうと誰もが思うであろうその姿は・・・
♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!! こんなかきあげ見たことないぞ!どうやって食べるんだろう・・・

そうです、これは倒さないように気を付けて崩して食べるしかないんです。手で持って食べてもいいけど(笑)ごま油の香ばしさが利いててサクサク〜っとした食感は最高でした。でも、ちょっと量が・・・

機会があったら是非食してみてください!

2006年03月04日

盛岡 横澤パン


先日、某テレビ番組で紹介されたパン屋さんに非常に興味を持ち、その場でホームページを開きお気に入りに登録しておいた。そんな感じで登録された各地の情報が私のPCには幾つか入ってて、その方面に旅行に行く時に実際に行く事がよくある。今回紹介する「横澤パン」もそんな感じで登録されたお店の一つだ。

お店は盛岡市の郊外にあって、そう簡単に行ける所じゃないが、東北方面一周ドライブの計画の段階で行程に盛り込まれていた。

店構えはとっても小さくて、へぇ〜こんなお店であんなパンが作られてるんだぁ。。。なんて思いながらお店に入った。店内には小さな棚とカウンターしか無く、開店とほぼ同時に訪れたのにお目当てのパンの姿はほとんど無かった。まさか売り切れか? なんて思いながらカウンターから声を掛けると奥から店主らしき人が出て来た。

「あの〜食パンが欲しいのですが。。。」店主らしき人「ハイハイわかりました!」と言って奥からお目当ての食パンを持って来てくれた。おぉ〜これだ!食パン1本(3斤)840円。店構えは小さくてもテレビで紹介されて、ネットでも販売してるので十分やっていけるのだろう。便利な世の中になったものだ。味は予想通り最高に美味しかったですよ!

■住所:岩手県盛岡市三ツ割1-1-25
■電話:019-661-6773

横澤パンホームページ

2006年03月03日

台湾 小籠包 鼎泰豊(ディンタイフ ォン)


5dcb1f74.jpg小籠包といえば、世界一美味いと言われているのが台湾の鼎泰豊(ディンタイフォン)だ。私も先日台湾に行った時に食べましたが噛んだときに口の中でジュワ〜〜〜と出てくる肉汁がもう最高!

30年以上の歴史を持つこのお店は、ニューヨーク・タイムズに「世界10大レストラン」の1つとして掲載された世界的に有名な点心料理専門店だ。連日世界各国から多数のお客様で賑わい、長蛇の列が絶えないくらい人気の店だ。

現在、鼎泰豊は台湾本店と高島屋新宿店・横浜店・鶴屋百貨店(熊本)・ニューヨーク店、そして世界の六番目の店として「JR名古屋高島屋12階」にオープンした。その後、京都・玉川・汐留・中国・シンガポール・インドネシア・韓国にも出店してたと思う。

小籠包は注文から15分以内に“蒸し”に入っていないものは捨ててしまうくらいの鮮度にこだわりで、いつでもお客様が最高の小籠包を楽しめる様徹底している。中の具が透けて見えるほどの薄い皮からあつあつの肉汁が口の中でジュワ〜〜〜とあふれ出す瞬間、おいしさのあまり言葉を失う事間違い無し(笑)

是非一度ご賞味あれ!

カテゴリーページへ
フリーエリア
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


My Yahoo!に追加

Add to Google

Otock!!クーポン


Pagerank/ページランク

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



Copyright (C) 2006 ドライブ観光ガイド!, All rights reserved.