2006年06月

2006年06月20日

群馬 酒蔵譽國光 大吟醸ソフト4

酒蔵譽國光群馬県川場村譽國光(ホマレコッコウ)と言えば、美味しい日本酒で有名な所ですが、今日は日本酒ではなく、ソフトクリームの紹介です。




大吟醸ソフトその名も「大吟醸ソフト」!酒蔵ならではの、大吟醸をたっぷりと使ったソフトクリームです。甘さは控えめで、一口食べただけで日本酒のいい香りが鼻を抜けていきます。日本酒が飲めない方でも、ここのソフトクリームは食べられるのではないでしょうか。ちなみにアルコール分は1%未満と言うことなので、1つ位食べても運転に支障はないと思いますが、その辺は個人の判断にお任せいたします(笑)

大吟醸ソフトの紹介この「大吟醸ソフト」売店で300円で販売されてますが、きき酒コーナーで買い物をすると50円の割引券がもらえるので、是非利用してみてください。

実は、もっと安く食べられる方法があるんですよ。それは、道の駅川場田園プラザで、譽國光のパンフレットを見つけて、それに付いてる割引券を利用するんです。そうすると、100円引きで食べられますよ。

■住所:群馬県利根郡川場村大字川場湯原2691
■電話:0120-447-413
■営業時間:AM9:30〜PM4:00
■定休日:季節によって水曜休業

譽國光ホームページ


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリック→ランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ


2006年06月19日

西伊豆 土肥 旅人岬

土肥 旅人岬旅人岬は1998年春に出来た比較的新しい観光名所(景勝地)です。直木賞作家 笹倉明氏が土肥の旅館に生まれた姉妹の恋や人生の葛藤についての小説「旅人岬」を書かれました。それを機に土肥と小土肥の間にある小さな岬に駐車場が完成。「旅人岬」と名付けられ、笹倉氏の歌碑も建立されました。歌碑の写真も撮りましたが、ちょっと読みにくいので、書き出しますね。

小説 旅人岬
笹倉明 旅人岬の歌碑太陽がまぶしい光の刺を落としながら、夕日に変わる準備をはじめている。大きな湾がひとつの鏡となって上空の円い炎をうつし、目を射るほどに輝いていた。
船が白い波の尾をひいて入江へと向かう。水鳥が宙を舞って、一瞬の影を水面に描いた。それらの光景が刻々と彩りを変えていく。赤みと大きさを増して輪郭をくっきりとさせた夕陽が向こう岸から長い朱の帯をのばし、湾の波間を真っぷたつに割り裂いた。
これまで夕陽は幾度も見てきたけれど、いまほどそれを美しいと感じたことはない。見慣れたはずの故郷のそれが全身を染めて圧倒するまでに力づよい、優しい情感に満ちてあるとは知らなかった。明日に望みをかけることが自然と許されて、今こうして生きてあることに感謝したくなる。


旅人岬からは残念ながら地形上 富士山を見ることが出来ませんが、夕日を見るポイントとしては最高な場所と言えます。ちなみに南アルプスは見ることができます。岬のすぐ横に車を止める事が出来るので、御年輩の方でも安心して観光できます。

重岡建治 ブロンズ像 家族旅人岬の真ん中には父と母と子供の3人を象ったブロンズ像家族」があります。このブロンズ像を製作したのは伊東市に住む彫刻家 重岡建治氏です。重岡氏は世界各所にこのような像を提供している伊豆を代表する芸術家です。近々紹介する予定の『恋人岬』の展望台にある恋人像アモーレ」も重岡氏の作品です。

道の駅と違い、トイレは設置されていませんので、車中泊には向きませんね(笑)

ところで、土肥温泉旅館協同組合でおもしろい催しをやってます。旅人岬で見た夕陽に名前をつけて認定証がもらえたり、素晴らしい景色を眺めて出た一言をボードに書き残したり出来るみたいです(笑)詳しくは下のリンクから行ってみてくださいね。

土肥温泉旅館協同組合


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリック→ランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ

2006年06月18日

伊豆 河津七滝ループ橋1

河津七滝ループ橋伊豆半島に、ちょっと変った道がありますよ。河津七滝ループ橋と言いまして、国道414号線の七滝・大滝温泉への入口にあたりにどっしりと構えてます。東日本では初めての二重ループ橋で、規模も東洋一を誇ります。



河津七滝ループ橋高低差のある道を2重のラセンで継いだ高架橋で、その高低差は45mもあります。直径80m、総延長1100mの巨大なループ橋、制限速度は30kmなんだけど、空いてるとついついスピードが出ちゃいます。その代り目が回りますけど(笑)友人のワンちゃんは車酔いしちゃって、みごと吐いてしまったそうです。可愛そうに。。。。

総工費80億掛けて開通したのが昭和56年。それ以来、河津の新名所として訪れる人も多いです。


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリック→ランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ

2006年06月17日

河口湖 cafe IL BACCO(イルバッコ)4

cafe IL BACCOハーブフェスティバル2006の開催が始まった河口湖からお気に入りのレストランを一件紹介します。

cafe IL BACCO」と言うレストランです。場所は「河口湖ハーブ館」や「自然工房石ころ館」のすぐそば、「中原淳一美術館」の横にあります。湖と富士山がとてもよく見えるオシャレなイタリアンレストランです。暖かい日には、オープンテラスで湖の風を感じながら食べるのが最高です。

cafe IL BACCO テラス席値段もお手ごろで、手打ち生麺のパスタ、自家製パンに肉料理やデザートなどが付くプレートをはじめ、アラカルトなら1000円前後から食べられます。ピザもしっかり石釜で焼いてくれます。

お店の名前のイル・バッコと言うのは、イタリア語でワインの神様だそうです。ワインも多数置いてありますので、記念日なんかにも十分使えますね(笑)

冬のある日、河口湖で花火が打ち上げられたんだけど、丁度「cafe IL BACCO」で食事中で、最高の一時を過ごした事があります。あの光景は今でもしっかりと私の脳裏に焼き付いています。

■住所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口682
■電話:0555-76-8076
■営業時間:11:30〜21:30(金・土曜、祝前日は〜22:00)
■定休日:月曜(祝日の場合は翌日休)
■駐車場:なし(ハーブ館の前の駐車場が利用できます)


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリック→ランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ

2006年06月16日

山梨 道の駅 どうし2

道の駅どうし全景今日は、神奈川県と山梨県の間にある「道の駅どうし」の紹介です。国道413号線は相模原市から山中湖に抜ける峠道で、富士五湖方面に行く時によく利用してます。相模原市方面から行くと、クネクネの峠道を超え、のどかな農村地帯をしばらく進んでいくと、やがて左側に「道の駅どうし」が見えてきます。すぐ裏手に道志川が流れてて、夏場でも涼しい感じがします。

道の駅どうし 手づくりキッチン道の駅どうし」には、村の特産品や農産物を一堂に集めた直売所や道志ならではの味が楽しめるレストランがある。ちょっと休憩して小腹を満たすには丁度いい感じです。道志村の特産品と言えば、「クレソン」が有名なんだけど、クレソンケーキやクレソンジュース、クレソンのごま和え等、クレソンを使った料理が楽しめるのが、レストラン「手づくりキッチン」です。地元の主婦さん達が丁寧に作ってくれる料理の数々は愛情たっぷりで、どこか懐かしい感じがします。

道の駅どうし 湧水モニュメント道の駅どうし 湧水モニュメントの説明道の駅どうし 湧水モニュメント注意書き道の駅で、美味しいお水が汲める所って結構ありますが、ここ「道の駅どうし」にも、美味しい水があります。道志村の地形を象った湧水モニュメントがあって、そこで美味しい水を飲むことができます。但し持ち帰り様として作られてる訳ではないので、塩素殺菌も極少量で長時間もつものでは無いです。その場で乾いた喉を潤す程度にしましょう。

道の駅どうし フェリシャスの鐘他に見所と言えば、「フェリシャスの鐘」が有ります。フェリシャスとはラテン語で「幸福をもたらす」という意味らしく、道の駅どうしを訪れた人々がこの鐘の音を聞いて幸福がもたらされるように、との祈りが込められているそうです。午前9時から午後6時の間、長針が12を指すごとに緑と清流の村・道志を象徴するメロディーが流れるようになっています。

道の駅どうし」も休日は開館前から多くの車で賑わいます。ここから各観光地へと足をのばす人が多い為だと思います。車中泊も近くに道志の湯やコンビニがあるので、とても便利ですよ!

■住所:山梨県南都留郡道志村神地9745番地
■電話:0554-52-1811
■開設時間:午前9時〜午後6時
■休館日:無休(但し12月28日〜1月1日は休み)
■駐車場(普通車約60台)・トイレ・公衆電話などは24時間ご利用いただけます。


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリック→ランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ

2006年06月15日

房総半島 最南端 野島埼灯台2

野島埼灯台房総半島の最南端には、野島埼灯台があります。野島埼灯台は、白い八角形をした美しい大型灯台で、「日本の灯台50選」にも選ばれています。幕末の1866年(慶応2)5月、江戸幕府がイギリス・フランス・オランダ・アメリカの4カ国と締結した改税条約江戸条約)で建設が決められた8ヶ所の灯台の1つです。ちなみにこの8ヶ所とは、観音埼神子元島樫野埼剱埼野島埼潮岬伊王島佐多岬です。

野島埼灯台の説明看板ここは、300年ほど前は島だったそうです。しかし、1703年(元禄16)12月31日(旧暦では11月23日)に起きた元禄地震によって隆起して、陸と繋がってしまったとのことです。また、1923年(大正12)9月1日の関東大震災でも約2m隆起し、その時に初代の野島埼灯台も倒壊してしまいます。その後1925年(大正14)8月15日に、再建されたのですが、1945年(昭和20)太平洋戦争の攻撃で大きな被害を受け、1946年(昭和21)11月12日に完全復旧したものです。

野島埼灯台の遠景野島埼とあるは昔の表記で、1962年(昭和37)に埼を崎と改め、サキをザキと呼ぶようになったそうですが、灯台の方は以前の呼び方のまま野島埼灯台(のじまさきとうだい)と言うのが正式な呼び方だそうです。

周辺は、南房総国定公園に指定されていて、野島崎灯台を中心として整備された公園には、潮風に吹かれながらの一周約20分の散策コースが有り、雄大な太平洋のパノラマを楽しむ事ができます。


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリック→ランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ



2006年06月14日

伊豆半島 最南端 石廊崎の最先端3

石廊崎灯台です。右端の道が先端へと続きます伊豆半島の最南端は、石廊崎ですが、その石廊崎の最先端はどうなってるんでしょうか?





最先端が見えてきました石廊崎灯台を通り過ぎて、さらに進むとやがて、最先端が見えてきます。この辺りは、強い風が吹いてる場合がほとんどでしたので、短めのスカートの方はちょっと注意が必要かもしれませんよ。写真の場所を左に下りる階段が一番急な階段です。下から容赦なく風が吹き上げてきます。

この急な階段の先が石室神社です左に曲がるとこんな感じです。急な階段の先には石室神社(いろうじんじゃ)があります。創立は大宝元年(701年)といわれ、現在の社殿は明治34年に建築されました。土台には千石船の帆柱が使われており、伊豆七不思議の一つとなっています。海上の安全を守る伊波例命(いわれのみこと)が祭られています。



熊野神社 縁結びの神そしていよいよ先端です。先端には熊野神社があり、「縁結びの神」が祭られているのでありました(笑)そのいわれはこんな感じである。

その昔、お静と言う名主の娘が、漁師の幸吉と恋に落ちました。身分の違いからその恋は許されず、幸吉は神子元島に流されました。幸吉を忘れられないお静は、毎晩、石廊崎の先端で火を焚き、神子元島の幸吉と愛を確かめあっていました。ある晩神子元島の火が見えないので心配したお静は、小船を出して神子元島に向かいましたが、強風にあおられ、波は高く船は思うままに進みませんでした。お静は一心不乱に神に祈り、その甲斐あって神子元島に漂着し、二人は無事めぐりあい結ばれました。親も許すこととなり、末長く幸せに暮らしたといいます。お静が火を焚いたところに熊野権現の祠が祀られました。

伊豆七島展望図実はもっと南にある物をみつけました。それは、「伊豆七島展望図」です。これより先は断崖絶壁ですので、行かないようにね (⌒▽⌒)アハハ!


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリック→ランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ

2006年06月13日

河口湖ハーブフェスティバル2006まであと3日!3

今年、15周年を迎える河口湖ハーブフェスティバル。開催まであと3日です。さて、目前まで迫った現地の様子はいかがなもんでしょうか?

河口湖ハーブフェスティバル チラシ表面河口湖ハーブフェスティバル チラシ裏面毎年、初夏の訪れをつげる頃に、河口湖湖畔にてハーブフェスティバルが催されます。咲き誇るラベンダーが紫色の絨毯を作り出し、辺りには、ラベンダーの香りが満ち溢れます。イベント期間中には、花火大会ガーデニングコンテストライトアップ・イルミネーション等、たくさんの催し物が行われます。

ここで、ガーデニングコンテストが行われます今年の開催は6月16日〜7月13日まで、メイン会場は八木崎公園大石公園です。ライトアップ・イルミネーション八木崎公園のみなので、行くなら八木崎公園ですね!

商品が陳列されるのを待つだけのメイン会場ソフトクリームも売られますよ!メイン会場もほとんど出来上がってて、あとはテナントさが商品を並べるのを待つばかりとなってました。ガーデニングコンテストの箱庭には土が入れられ始めてて、ソフトクリーム屋さんも準備万端って感じでした。

まだまだ蕾状態のラベンダーさて、肝心のラベンダーの様子ですが。。。今日現在ほとんどが蕾状態です。今年は開花が遅れそうですね!見頃が6月末頃かと思います。富士山・河口湖山開きまつり花火大会の行われる7月1日が、花火もラベンダーも見れて、最高の日じゃないかと思います。開花情報に目を光らせましょう(笑)

■主催:河口湖ハーブフェスティバル実行委員会
■問合せ:富士河口湖町観光課
■住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
■電話:0555-72-3168
■メール:kanko@town.fujikawaguchiko.lg.jp

富士河口湖総合観光情報サイト


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリック→ランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ

2006年06月12日

岩手 大迫町 ミルク工房ボン・ディア4

ミルク工房ボン・ディア今日は、ワインの里・大迫町にある乳製品販売所「ボン・ディア」の紹介です。「ボン・ディア」はポルトガル語で「こんにちは」と言う意味だそうです。他人同士が気軽に声を掛け合える温かさを大切にしたい、と言う願いから付けられたそうです。

ここの「ソフトクリーム」と「飲むヨーグルト」がとっても美味しいです。「ソフトクリーム」は、毎朝搾りたてのブラウンスイス種と言う牛の生乳から作られ、新鮮そのものです。シャリシャリとした食感があって、ちょっとシャーベット風ですが、濃厚なミルクの風味は最高です。

飲むヨーグルト」は加工する段階で搾りたてのミルクをそのまま使用、安定剤、保存料、膨張財などは一切使用してません。中に含まれた栄養素を損なうことなく、お腹に優しい生きた乳酸菌たっぷりの「飲むヨーグルト」。出来れば毎朝1本飲みたいですね(笑)

■住所:岩手県稗貫郡大迫町11-39-4
■電話:0198-48-2771
■営業時間:10〜18時(11月〜3月は〜17時30分)
■休業日:11月〜3月の火曜日


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリック→ランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ

2006年06月11日

清里 ブルーパブレストラン ROCK(ロック)5

ブルーパブレストラン ROCK(ロック)ROCK」の歴史は長く、1971年に清里で最初に誕生した喫茶店でした。その「ROCK」が、全面リニューアルし1997年7月にブルーパブレストランとして生まれ変わりました。

この「ROCK」の地下には、小さいながらも本格的な醸造設備(ドイツのJacob Carl社の設備です)を整えた醸造所があり、そこで醸造されているのが、タッチダウンビールです。醸造長は山田一巳さんと言いますが、山田さんは元キリンビールの開発部門責任者で、「キリンラガー」「一番搾り」などを世に送り出した経歴をもってます。ビール作りについては、全てを知り尽くした山田さんが醸造するビールは、非の打ち所のない素晴らしいビールです。

タッチダウンビールの名前の由来ですが、清里を開拓した指導者ポール・ラッシュ氏(アメリカ人)が日本に始めて紹介したアメリカンフットボールにちなんで付けられました。タッチダウンビールには、定番の「ピルスナー」と「デュンケル」、季節ビールの「ヴァイス」「アルト」、さらに限定醸造の「清里ラガー」「ロック・ボック」があります。中でも特別プレミアム醸造「プレミアムロック・ボック」が2006年春季全国酒類コンクールにて、ビール部門で総合第1位を受賞しました。今、一番飲みたいビールです(笑)

この「ROCK」のお薦めは地ビールだけではないんです。実は料理も最高に美味しい物を食べさせてくれます。中でも私が毎回食べるほど気に入ってるのが、軽井沢の有名店・腸詰屋の辛いソーセージと温泉たまごをトッピングしたファイヤードックカレー(1260円)です。1971年に開店して以来の歴史のあるビーフカレーがベースになってて、何時間も掛けてじっくり煮込まれた味は、絶品です。う〜〜っ・・・書いてたらまた食べたくなって来ました(^^;)

ROCK」の営業時間はAM10:00からPM11:30と、夜遅くまで楽しめます。深々と降り積もる雪の中、暖炉の横の席でゆったりとグラスを傾ける。これが一番の楽しみかな(笑)

■住所:山梨県北杜市高根町清里3545
■電話:0551-48-2521
■営業時間:10:00〜23:30 Food LO22:45 Drink LO23:30

ブルーパブレストラン ROCKホームページ


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリック→ランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ

カテゴリーページへ
フリーエリア
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


My Yahoo!に追加

Add to Google

Otock!!クーポン


Pagerank/ページランク

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



Copyright (C) 2006 ドライブ観光ガイド!, All rights reserved.