2006年11月

2006年11月15日

神奈川 芦ノ湖付近の紅葉


箱根の紅葉芦ノ湖周辺の紅葉のチェックに行ってきました(笑)とっても綺麗に紅葉してる木もあれば、まだまだこれからの木もありました。




箱根の紅葉まだまだ楽しめそうですね。車で1周すると、移り変わりが見れて面白いですよ。私は北側の紅葉が好きです。ただ、狭い道が多く簡単に止めて見れないのが残念ですが。



箱根の紅葉写真は2006年11月14日撮影。芦ノ湖の箱根関所跡から箱根神社付近の紅葉です。

2006年11月14日

神奈川 箱根駅伝ミュージアム


箱根湯本駅箱根湯本駅と湯本バス亭







神奈川県に住んでますが、神奈川の代表的な観光地「箱根」にはあまり行かない気がします。いざ、行ってみると新たな発見があって新鮮味があっていいかもしれませんね。写真は車窓から撮った箱根の玄関口、箱根湯本駅です。ここからは、箱根登山鉄道や、バスが発着してます。紅葉の時期なので、平日にも関わらず、賑わってました。電車だと、箱根フリーパスがお得ですね。往復の小田急線料金と箱根のほとんどの交通機関が乗り降り自由になります。平日なら更にお得な箱根ウィークデーパスが使えます。

レストラン ノア箱根の芦ノ湖は有名ですが、芦ノ湖に行くと、いつも海賊船乗り場のあるレストラン ノアの裏に駐車するんですが、広く無料なので便利ですよ。場所は下の地図へのリンクから確認できます。そこにあったイタリアンレストランがいつの間にか「箱根駅伝ミュージアム」に変わってました。想い出のあるお気に入りのレストランだったので、ちょっと残念。

箱根駅伝ミュージアム今日のタイトルは「箱根駅伝ミュージアム」なのに、ほとんど触れないで終っちゃいそうですね(笑)まだ見学してないのですが、各大会の名シーンの写真の数々や歴史に残る名選手の愛用品の数々を展示してあるとの事。レストランがどう作り変えられたのか次回見てきますね。

【箱根駅伝ミュージアム】
■住所:神奈川県足柄下郡箱根町箱根167
■電話:0460-3-7511

箱根駅伝ミュージアム ホームページ


2006年11月13日

高知 道の駅 すくも


高知県宿毛市 道の駅 すくも今日のドライブ観光ガイドは、高知県にあるちょっと変った道の駅の紹介です。愛媛県と高知県の県境近くの宿毛市にある道の駅で、その名も「道の駅 すくも」と言います。愛媛県側から海岸沿いの国道321号線を進んでいくと、やがて到着です。

道の駅 すくも 表にテーブルがあります何が変ってるかって?それはまず雰囲気でしょうか。寂びれた感じの一軒家が5〜6軒、寄り添うように並んでる姿は、どこか懐かしさを感じずにはいられません。賛否両論あると思いますが、私は好きかもしれません。黒い網の日避けなんか、最高じゃないですか(笑)

食事処 うどん幡多路と喫茶アルテミス喫茶アルテミスの店内の様子







上の写真は、食事処の「うどん幡多路」と「喫茶アルテミス」です。窓からは宿毛湾を見る事が出来る素敵?なお店です。アルテミスと言う名称はオシャレですが、合ってますか?

活魚センター古美術 自然堂







上の左の写真は「活魚センター」です。人けが無くて、ちょっと怖くて入れませんでした(^^; じゃこ天は食べたかったですが。上の右の写真が「古美術 自然堂」です。道の駅で古美術屋さんって、珍しくないですか?

お好み焼き もくもく屋左の写真が「お好み焼き もくもく屋」さん。近くに宿を取って夜に飲みに来たい雰囲気のお店ですね。残念ながら17時で閉店みたいですが。今回は車の運転があるし、「よいこのびいる」で我慢しました。試しに買って飲んでみましたけど、大人が飲むものではないですね(笑)あま〜〜〜いですよ!

よいこのびいるここ道の駅 すくもは、とっても夕日の綺麗な所で、冬場に見られる達磨のように見えるダルマ夕日は、とっても有名です。そのうち見てみたいですね。また、宿毛から大分県の佐伯まで宿毛フェリーが出てるので、こちらにも乗ってみたいですね。

■住所:高知県宿毛市坂ノ下1023-44 
■電話:0880-63-0801(宿毛観光インフォメーションセンター)
■営業時間:午前9時〜午後5時
■休業日:月曜日定休、JA直販所は水曜日定休

2006年11月12日

山梨 山中湖 梅宮辰夫漬物本舗 辰ちゃん漬


梅宮辰夫 漬物本舗皆さんご存知のタレント梅宮辰夫さんの漬物本舗ですが、とっても美味しいですよね。種類も豊富で、合成保存料・合成甘味料・合成着色料等は一切使用してない完全な無添加商品です。

画像は、山中湖店ですが、ついつい入りたくなるような門構えですね(笑)漬物よりも40種類のソフトクリーム・アイスクリームに引かれたりして(⌒▽⌒)アハハ!

商品はインターネットでの販売も行ってるので、興味が有る方は試してみてください。

■住所:山梨県南都留郡山中湖村平野506
■電話:0555-62-2236

辰ちゃん漬 ホームページ


2006年11月11日

京都 東本願寺 御影堂門(ごえいどうもん)


東本願寺 御影堂門先日京都に行ったときに、東本願寺御影堂門を見て、なんて大きく素晴らしい門なんだろうって思いました。ここへは、中学校の修学旅行で来てるはずなんだけど、まったく記憶に残ってませんでした。同じ景色を見て感じる部分って、年齢を重ねる毎に変わっていくんだなぁ〜って改めて思いました。

東本願寺真宗大谷派の本山で、別名真宗本廟(しんしゅうほんびょう)と言われています。写真の御影堂門は、京都三大門の一つで、明治44年に再建されました。高さは27mだそうです。京都三大門の他の2つは、知恩院三門南禅寺三門です。

のんびり冬の京都でも散策してこようかなぁ〜なんて思っちゃいました。

【東本願寺】
■住所:京都市下京区烏丸通七条上ル
■電話:075-371-9210
■時間:5時半〜17時半(冬期6時20分〜16時半)

2006年11月10日

茨城 道の駅 奥久慈だいご

道の駅 奥久慈だいご 案内図道の駅 奥久慈だいご 入口





国道118号線と461号線の交差する近くの久慈川のほとりに、平成10年10月「道の駅奥久慈だいご」がオープンしました。そんなに大きな道の駅ではないけど、どこか心温まる感じのする道の駅です。

道の駅 奥久慈だいご 温泉は2階です道の駅 奥久慈だいご 利用案内





最近では温泉施設のある道の駅は少なくないけど、道の駅奥久慈だいごは、温泉の少ない茨城県にも関わらず、しっかりとした温泉施設が整備されています。そのせいか、いつも混雑してる気がする道の駅です。

ドライブの合間にジェットバスで疲れを取っては如何でしょうか。本格的な温泉施設を希望でしたら、大子温泉 ホテル奥久慈がありますよ。

■住所:茨城県久慈郡大子町大字池田2830番地1
■電話:02957-2-6111
■開設時間:午前9時〜午後6時
        温泉浴場および食堂:午前11時〜午後6時
■休館日:毎月第1・第3水曜日、12月31日、1月1日
■駐車場:普通車48台、大型車9台、身体障害者用2台

2006年11月09日

山梨 道の駅 富士吉田

道の駅 富士吉田道の駅 富士吉田 全景





道の駅富士吉田は山中湖と河口湖の間にある道の駅です。駐車場が広く、とっても使いやすい道の駅だと思います。道の駅のメインの施設は、左側にレストランがあり、富士吉田の名物「吉田うどん」を気軽に食べることが出来ます。また、お土産屋さんが充実してて富士近辺の各種お土産が揃います。織物なんていうのも手に入りますよ。

富士の名水富士の名水 水汲み場ここでも、美味しいお水を汲んで帰ることが出来ます。富士の名水と名付けられたそのお水は、富士の伏流水を地下100mから汲み上げたもので、ミネラル分を多く含んでおり、バナジウムの含有量が高いお水です。観光バスのガイドさんが汲んでるのを良く見ますが、車内で美味しい水でお茶を入れてくれるのかな?

富士山レーダードーム館レストランふじやま





他にも「富士山レーダードーム館」や、地ビールレストランの「レストランふじやま」、各種イベント会場として利用される「富士山アリーナ」があり、のんびりと楽しむことができます。

■住所:山梨県富士吉田市新屋1936-6
■電話:0555-21-1225
■開設時間:午前9時〜午後7時
■休館日:年中無休
■駐車場:257台(大型10台・普通車245台・障害者用2台)
      (道の駅・富士山レーダードーム館・レストランふじやま共通)

2006年11月07日

山梨 道志川温泉 紅椿の湯

紅椿の湯 立体駐車場紅椿の湯 建物外観





平成11年5月にオープンした、道志川温泉の「紅椿の湯」を紹介します。相模原方面からは、国道413号線を山中湖方面に向って走ると左側に案内看板が出てきます。国道から坂を下り、細い道を進んでいくとやがて大きな立体駐車場と紅椿の湯の建物が見えてきます。比較的都会から近いのに、森の中にあるので、山奥に来た気がしますよ。

紅椿の湯 玄関に象?紅椿の湯 フロント付近





玄関を入ると、大きな象(マンモスかな?)の置物があって、何で・・・って思います(笑)フロント回りが広くて、とても開放感があっていい感じです。ここで、入浴券と下駄箱の鍵を渡すと脱衣所のロッカーの鍵がもらえます。このロッカーが大きくてビックリしました。今まで見た中で一番大きいです。ちょっとした旅行カバンも楽々入りそうでした。

お湯はグリーンタフ系と言って、緑色凝灰岩の地層を通って来ることによって、ミネラル分を多く含んだ湯になります。一般的に丹沢山系に多いと言われています。地下1500mからの自噴温泉で、ぬる湯から高温浴まで、泉質を変えずに楽しめるのが売りです。道志川を眺めながら入れる露天風呂は中々気持ちいいです。又、約90℃の乾式サウナもありますので、思いっきり汗を流してください。

紅椿の湯 食事と飲み物のメニュー入浴のあとは大広間でのんびりできます。良心的な金額で飲み食い出来ますので便利ですね。但し休日は結構混み合いますので、のんびりは出来ないかもしれませんね。持ち帰り自由の飲用の湯もあって、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風に効果があるとの事です。

紅椿の湯 玄関横の人工滝宿泊できる部屋が6部屋あって、1泊朝食付きで5000円〜6000円(入浴料込み)で利用出来ますので、そのうち利用してみようかと思ってます。ちなみに入浴のみは3時間1000円とちょっと高めかな。


■住所:山梨県南都留郡道志村小椿3888番地
■電話:0554-20-4500

紅椿の湯 ホームページ



2006年11月06日

三重 伊勢・安土桃山文化村


昨夜は織田信長の番組を録画予約して外出してました。それなのに、何故か録画されてなくてガッカリです。どうやらDVD-ROMが壊れてたようです。

伊勢・安土桃山文化村 安土城画像は、伊勢・安土桃山文化村(旧伊勢戦国時代村)の山頂付近に忠実に再現された織田信長の居城「安土城」です。中は博物館になっていて、戦国時代の事がよく解ります。6階は天望台になっていて、伊勢湾がとってもよく見えます。

この伊勢・安土桃山文化村は、戦国時代が好きな人にはたまらないと思います。是非一度見学に行ってみてください。演劇とか、面白くていいんですが、ちょっと入場料が高いかな? リピーターが少ないのか、寂れた感じがしますけど。

■住所:三重県伊勢市二見町三津1201-1
■電話:0596-43-2300

伊勢・安土桃山文化村ホームページ


2006年11月04日

長野 諏訪湖


2月の諏訪湖諏訪湖は、諏訪市、下諏訪町、岡谷市にまたがる周囲15.9kmの湖です。大小31本の川が注ぎ込んでますが、流れ出る川は天竜川1本です。かつて、とっても水質の良い湖でしたが、今では生活排水などによって富栄養化が進んで水質が悪化しています。市民や行政が水質改善に取り組んでますが、まだまだかつての姿を取り戻すまでには至っていません。

諏訪湖の空は高かった諏訪湖の東側は、湖畔公園が整備され、温泉旅館が立ち並びちょっとした都会の雰囲気ですが、西側一帯はまだまだ田舎の雰囲気を残しています。車で1周すると、移り変わる景色がちょっと楽しいですよ。

諏訪湖の湖面がいつもキラキラ輝いて見えるのは、水深が浅いからだそうで、平均水深4.7m、一番深い所でも7.2mしかないんです。花火大会や遊覧船、ワカサギ釣り、御神渡り等盛り沢山な諏訪湖です。少しずつレポートして行きますね(笑)

カテゴリーページへ
フリーエリア
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


My Yahoo!に追加

Add to Google

Otock!!クーポン


Pagerank/ページランク

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



Copyright (C) 2006 ドライブ観光ガイド!, All rights reserved.