2009年06月

2009年06月25日

徳島 由岐町 潮吹展望台 潮吹岩(潮吹休憩所)

潮吹岩の説明このあたりが潮吹岩です!






国道55号線から県道26号線に入り、狭い峠道をどんどん進んで行きます。このまま進んで大丈夫かな?って思いますが、ちゃんと到着できました。とっても狭い道なので、運転には十分注意してくださいね。

潮吹休憩所説明書きによると、満潮時に洞窟に波が寄せると物凄い音と共に海水が約30m吹き上げるそうですが、残念ながらこの時は見ることが出来ませんでした。本当に見たかったら満潮の時間調べて行かなきゃ無理そうですね。

潮吹展望台 全景ただ、吹き上げる潮が見れなくても、とっても風光明媚なところなので、徳島のリアス式海岸の景色を見るだけでも良いと思いますよ。東屋のベンチでお弁当を広げるのも良いでしょう(笑)

【由岐町観光協会】
■住所:徳島県海部郡美波町西の地字西地50-1
■電話:0884-78-1111
■駐車場:有り(数台)

2009年06月24日

奈良 道の駅 宇陀路大宇陀(うだじおおうだ)


道の駅 大宇路大宇陀東海圏から関西圏を旅するときによく利用したのが、通行料金無料の名阪国道です。制限速度は60kmなのですが、皆さん飛ばすので少々注意が必要ですが(笑)この名阪国道から吉野方面へ行くと、丁度真ん中あたりにあるのが「道の駅 宇陀路大宇陀」です。そんなに大きな道の駅では無いけど、交通の要衝に有るので、賑わってる事が多いです。

道の駅 大宇路大宇陀 れすとらん甘羅れすとらん 甘羅」では、地元産の「宇陀牛」を使ったメニューや、予約すれば薬膳料理等も食べられるそうです。また特産品コーナーでは、有名な「吉野葛」や、新鮮野菜直売所では、地元で取れた新鮮な野菜や果物の他、古代の米「赤米」や「黒米」も販売されてます。

道の駅 大宇路大宇陀 温泉スタンドまた、この「道の駅 宇陀路大宇陀」には温泉スタンドがあり、大宇陀温泉あきののゆ」が40リットル100円で販売されてました。この温泉スタンドの機械ですが、コインを投入すると連続して40リットルの温泉水が出るとの事。容器をしっかり用意しておかないとパニック状態になるかもしれませんね(笑)

道の駅 大宇路大宇陀 観光マップ宇陀市大宇陀区は、奈良県の北東部に位置している歴史の古い高原の町です。「道の駅 宇陀路大宇陀」では、レンタサイクルの貸し出しもしてますので、のんびり付近の散策をするのも良いかも知れませんね。ちなみに周辺には、阿紀神社をはじめ、多くの名所・史跡がありますよ。

■住所:奈良県宇陀市大宇陀区拾生714-1
■電話:0745-83-0051
■開設時間:午前9時〜午後7時
■休館日:12/29〜1/3
■駐車場:45台(大型7台、普通36台、障害者用2台)

2009年06月19日

徳島 道の駅 日和佐

道の駅 日和佐 案内看板道の駅 日和佐 メインの建物






道の駅 日和佐」は、JR牟岐線の日和佐駅と国道55号線に接しています。車の利用者はもとより列車を利用する方にとっても利用しやすい道の駅です。国道55号線にはこの「道の駅 日和佐」の他に2ヶ所鉄道駅と一体になった道の駅が有ります。ちなみに「道の駅 田野駅屋」と「道の駅 やす」ですが、後日レポートしたいと思います。

道の駅 日和佐 目の前のコンビニ道の駅 日和佐 物産館






さて「道の駅 日和佐」ですが、情報コーナーや物産コーナーが充実してて、とっても便利に使える道の駅だと思います。斜め前にはコンビニも有りますので、車中泊にも適してると思います。お土産やパンフレット類も充実してますよ。

道の駅 日和佐 足湯コーナー道の駅 日和佐 足湯コーナーの更衣室






また、敷地内で湧き出している温泉(えびす洞温泉)を利用した足湯も有り、運転やお遍路で疲れた足を休めるのも良いですね。一度に20人が利用できるこの足湯ですが、冷え性や疲労回復に効果が有るとの事。タオルも100円で販売されてるので、記念に持ち帰っては如何でしょうか。

道の駅 日和佐 駅から見える日和佐城道の駅 日和佐」の近くには第二十三番札所の薬王寺日和佐城があり、どちらも駅から見る事ができます。とっても情緒の有る道の駅だと思いました。


■住所:徳島県海部郡美波町奥河内寺前493-6
■電話:0884-77-2121
■営業期間:午前9時〜午後6時
■休館日:年中無休
■駐車場:67台(大型7台、普通車57台、身障者用3台)

2009年06月18日

徳島 道の駅 公方の郷なかがわ

道の駅 公方の郷なかがわ 案内看板道の駅 公方の郷なかがわ とれとれ市






道の駅 公方の郷なかがわ」は徳島市から国道55号を約20卞邁爾靴親甓貔遒亮蠢阿僕ります。1999年のオープンし、2006年に市町村合併により駅名も「道の駅 阿南市那賀川」となったが、公方の郷の名称の復活を求める声が多く、2008年に再び現在の「道の駅 公方の郷なかがわ」に戻りました。

道の駅 公方の郷なかがわ とれとれ市内部阿南市那賀川町は、一級河川那賀川の河口に開けたまちです。駅名の由来は、室町時代の末期から約270年間足利将軍の末裔が阿南公方として居を構えた事から来ています。町内には、足利公方を紹介する歴史民俗資料館等もありますので、機会がありましたら立ち寄ってみてください。

道の駅 公方の郷なかがわ 山田製菓この日は平日でしたが、駐車場はほぼ一杯で、近隣の住民達が新鮮な食材を求めて買い物に来ている姿が見られました。駅内には「とれとれ市」の他に何件かお店があって、山田製菓では、美味しそうな和菓子が売られていていました。

■住所:徳島県阿南市大字工地字大久保22-6
■電話:0884-21-2631
■営業期間:喫茶コーナー 午前9時〜午後4時半(定休日 月曜日)
        とれとれ市 午前9時〜午後5時(定休日 月曜日)
■休館日:月曜日
■駐車場:67台(大型5台、普通車60台、身障者用2台)

2009年06月17日

石川 七尾城史資料館 (ななおじょうししりょうかん)


七尾城史資料館日本100名城のスタンプ設置場所だったので、必要にせまられて行って参りました(笑)ひっそりとした中に佇むその姿は、周囲を鉄格子で囲まれており、物凄く堅牢な作りで驚きました。能登畠山家の「二引両」の紋がとっても印象的でした。

七尾城史資料館 正面玄関館内には、能登畠山家縁の出土した武器や武具、城主直筆の書籍等が展示されていました。歴代城主の肖像画や系図等も復元されていて、能登畠山家を知る上でとっても勉強になる資料館です。

七尾城史資料館 駐車場付近車で行く場合は、国道から少し入ったところにあるので、分かり難いかもしれませんが、資料館手前に数台とめられる駐車場が有りますので、そちらを利用してください。


■住所:石川県七尾市古屋敷町タ部8番地の2
■電話:0767-53-4215
■入館料:大人200円(懐古館との共通券は大人450円)
       中学生以下 無料
■開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時半まで)
■休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)12/29〜1/3
■駐車場:有り

2009年06月16日

富山 道の駅 氷見(氷見フィッシャーマンズワーフ海鮮館)


氷見フィッシャーマンズワーフ海鮮館道の駅 氷見氷見フィッシャーマンズワーフ海鮮館)は氷見漁港に隣接する道の駅です。毎朝とれたての鮮魚が所狭しと並べられていて、観光バスもよく立ち寄る道の駅です。また、夏には富山湾横断観光船が運航し、氷見と黒部を約1時間半で結んでいます。

氷見フィッシャーマンズワーフ海鮮館 海鮮市場この日も海鮮市場では、新鮮な魚介類がたくさん販売されてました。有名な氷見ブリの時期は終わってしまいましたが、日本一美味しい魚のぜい沢が味わえます。大きな天然の岩ガキ本ズワイガニもとっても美味しそうでした。

氷見フィッシャーマンズワーフ海鮮館 さかな工房「鮮」さかな工房「鮮」 海老フライ定食






丁度昼時だったので、さかな工房 鮮海老フライ定食を食べましたが、プリップリの海老が2尾入っていてとっても美味しかったです。レジカウンターには多くの芸能人の方々のサインが飾られていました。氷見うどんの「池氷亭」も捨てがたいですね〜次回食べてみたいと思います。

■住所:富山県氷見市中央町7-1
■電話:0766-74-7100
■開館時間:午前8時〜午後6時(12月〜2月は午後5時まで)
■休館日:年始(1月1日〜3日)
■駐車場:172台(大型8台、普通160台、身障者用4台)

氷見フィッシャーマンズワーフ海鮮館ホームページ


2009年06月15日

富山 道の駅 万葉の里 高岡

道の駅 万葉の里 高岡 案内図道の駅 万葉の里 高岡 道路情報施設






道の駅 万葉の里 高岡は、2006年4月24日にオープンした施設がとっても充実している大型の道の駅です。能越自動車道の高岡ICに程近く、交通の要衝に位置してるので、とっても便利な道の駅です。ちなみに道路情報施設は24時間利用可能です。

道の駅 万葉の里 高岡 物産展示販売コーナーまんようシュークリーム






館内の所狭しと並べられた特産品や物産品は常時1000点は有るとの事。我が国最古の歌集「万葉集」の代表的歌人である大伴家持が国守として在任したことから、それにちなんだ「まんようシュークリーム(300円)」なる物が販売されていて、これがとっても美味しかったです。

道の駅 万葉の里 高岡 観光情報施設コーナー観光情報施設のコーナーには、インターネットに接続されたパソコンが3台常設してあり、自由に使う事ができます。また、観光地や宿泊施設のパンフレットも多数置いてありますので、旅の中継地点としての利用も出来ますね。雰囲気も明るく好きな道の駅の一つです。

■住所:富山県高岡市蜂ヶ島131番地1
■電話:0766-30-0011
■開館時間:午前9時〜午後9時
■休館日:年中無休
■駐車場:113台(大型43台、普通70台)

道の駅 万葉の里 高岡のホームページはこちら


2009年06月14日

富山 高岡 高岡市立博物館


高岡市立博物館高岡市立博物館は、富山県高岡市の高岡古城公園の一角にある博物館です。高岡市市制施行80周年・開町360年記念事業の一環として建設され、昭和45年(1970年)6月1日に開館しました。江戸初期の高岡開町以来の歴史や生活文化に関する資料を中心に展示してます。

高岡市立博物館 高岡ものがたり博物館の前に数台分の駐車場が有り、館内に入ると監視役と思われる女性が一人受付に座っていました。日本100名城のスタンプもこちらに置いてあります。館内は全面的に撮影禁止なので、その監視もしてるのでしょうね?高岡市立博物館のホームページも右クリック出来なかったりするので、管理がしっかりしてるのでしょうね。

高岡市立博物館 利長くんの兜体験!そんな厳しい雰囲気の高岡市立博物館ですが、高岡市立博物館来館記念の「利長くんの兜をかぶってみよう!」と言うコーナーだけ唯一撮影が可能で、物凄く安定の悪い兜が二つ置いてありました(笑)

■住所:富山県高岡市古城1-5
■電話:0766-20-1572
■開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時半まで)
■入場料:無料
■休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日)年末年始(12/29〜1/3)

高岡市立博物館のホームページはこちら


2009年06月13日

石川 金沢 日蓮宗 正久山 妙立寺(忍者寺)

金沢 日蓮宗 正久山 妙立寺正久山 妙立寺(日蓮宗)






妙立寺(みょうりゅうじ)は金沢にある日蓮宗の寺院です。沢山の隠し階段や落とし穴など、様々な仕掛けが施されていて複雑な作りをしている事から、忍者寺とも呼ばれています。見学するには予約が必要で、電話にて受けてくれます。万が一予約無しで行っても、空いてればその場で予約する事もできます。10名前後の小グループで説明を聞きながらの見学となります。勝手に行動すると迷って出てこれなくなると言われました(笑)

妙立寺 拝観の皆様へ初代藩主、前田利家公金沢城に入城して間もない天正13年(1583年)に藩を守護する祈願所として建立したのが始まりだそうです。現在の様な姿になったのは三代藩主、前田利常公がいざというときの備えとして寺院群を移築したり、新しく建立して兵舎がわりにしたときからで、その中心となる建物が妙立寺だったと言われています。

妙立寺(忍者寺)正面外観は2階建てに見えますが、内部は4階建て7層になってて部屋が23室、階段が29ヶ所あります。金沢城と繋がってたと言われる井戸や、落とし穴になってる賽銭箱、本堂裏の隠し階段など、一見の価値ありです。但し、小さなお子様は拝観出来ないので注意してくださいね。

妙立寺(忍者寺)駐車場の案内妙立寺には駐車場が無いので、車は近隣のコインパーキングか指定されている極楽寺承証寺の駐車場を利用してください。予約時間の10分前には到着するようにしないと予約を取り消される場合があります。

■住所:石川県金沢市野町1-2-12
■電話:076-241-0888
■拝観時間:午前9時〜午後4時半(冬期間は午後4時まで)
■入場料:大人800円、小学生600円、幼児は拝観不可
■定休日:11月13日・1月1日

妙立寺のホームページはこちら


2009年06月10日

富山 日本三大仏 高岡大仏

日本三大仏 高岡大仏日本三大仏 高岡大仏 正面






富山の道の駅で見つけた能越商工観光懇談会で開催してるスタンプラリーのスタンプ設置場所に高岡大仏があった。スタンプを貰いにいっただけが、その雄大さに驚き見学してきました。なんと高岡大仏は、奈良大仏鎌倉大仏と並んで日本三大仏に数えられいるとの事。偶然にしてはとっても立派な物を見つけてしまった。

日本三大仏 高岡大仏 高岡大佛尊像相好御説高岡大仏浄土宗 鳳徳山 大佛寺にある銅造阿弥陀如来坐像で、「銅器のまち」「ものづくりのまち」高岡のシンボル的存在です。その端整な顔立ちは、与謝野晶子が高岡を訪れた際に、「鎌倉大仏より一段と美男」と評したとも伝わっています。完成には30年の歳月を費やしたそうです。



日本三大仏 高岡大仏 内部日本三大仏 高岡大仏 大仏御尊体鋳造作業風景の想像図






高岡大仏は地上からの高さ15.85m、総重量65tと言う大きさ。高岡銅器の職人の技術の結晶と言えるもので、高岡市の象徴的な観光地となっていて、高岡市指定有形文化財に指定されています。台座の内部には回廊があり、地獄変・極楽変の絵画が浄土宗の宗教観を伝えています。

■住所:富山県高岡市大手町11-29
■電話:0766-23-9156
■入場料:無料
■休館日:無休
■開館時間:午前10時〜午後4時
■駐車場:数台だが有る

カテゴリーページへ
フリーエリア
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


My Yahoo!に追加

Add to Google

Otock!!クーポン


Pagerank/ページランク

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



Copyright (C) 2006 ドライブ観光ガイド!, All rights reserved.