2012年05月

2012年05月31日

茨城 水戸城 弘道館

弘道館 正庁・至善堂弘道館 案内図






弘道館は、水戸藩第9代藩主、徳川斉昭(とくがわ なりあき)の藩政改革の重要政策の一つとして天保12年(1841年)8月に仮開館式が行われ、15年後の安政4年(1857年)5月に開館いたしました。全国一の規模を誇る敷地内には、正庁至善堂を中心に学問を学ぶ文館、武術を修練する武館、その他医学館や天文台、馬場、修練場などがあり、総合大学のような施設です。

弘道館 正庁玄関 被災前弘道館 正庁玄関 被災後






藩校当時の建造物が現存する弘道館ですが、平成23年3月11日に発生した東日本大震災(水戸市:震度6弱)により、大きな被害を受けました。重要文化財に指定されている正庁至善堂をはじめ、特別史跡指定区内にある孔子廟学生警鐘弘道館記碑種梅記碑などが被災しました。

弘道館の被災状況弘道館の被災状況






今回は、76個目の日本100名城水戸城)のスタンプを頂きに伺いました。建物内の見学は出来ませんが、庭園部分のみ至善堂の周りを一周するように見学する事が出来ます。建物の彼方此方に残る被災の傷跡をみて、東日本大震災の被害の大きさを改めて感じた一日でした。

■住所:茨城県水戸市三の丸1-6-29
■電話:029-231-4725
■観覧時間:午前9時〜午後5時(2月20日〜9月30日)
        午前9時〜午後4時半(10月1日〜2月19日)
■休館日:12月29日〜12月31日
■駐車場:有り(無料)

2012年05月28日

福島 喜多方 坂内食堂

坂内食堂坂内食堂 店内






喜多方ラーメン坂内と言うと、首都圏中心にチェーン展開しているあの人気ラーメン店の「坂内」だと思いますよね? 私も最初そうでした。喜多方まで来てわざわざ「坂内」に入らなくたって・・・って思っていました。それが今回、覆されました。「喜多方坂内ラーメン」は、喜多方の「坂内食堂」がチェーン展開した訳ではなく、坂内食堂に協力してもらって出来た企業だそうです。なので、味にも微妙な違いがあります。

坂内食堂 大盛り肉そばなによりも驚いたのは、ベースとなっているスープです。喜多方ラーメンと言えば普通は醤油ベースのスープですが、ここ「坂内食堂」は塩ベースのスープです。これがとっても美味しいです。豚骨と塩だけの単純な透明スープなのですが、まさに絶品です。私の中では今のところ日本一の塩ラーメンです(笑)

坂内食堂 お品書き店舗は町の中心の、少し奥まった所にあります。喜多方市役所の裏、御清水稲荷神社の隣で、数台の駐車スペースはあります。外観は寂れた定食屋みたいですが、中は意外と広く綺麗です。最初に注文をして支払いを済ませた後に席に座ります。ちなみに画像は大盛り肉そば(1,000円)です。

■住所:福島県喜多方市字細田7230
■電話:0241-22-0351
■営業時間:午前7時〜午後7時
■定休日:木曜日(祝日の場合営業)

カテゴリーページへ
フリーエリア
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


My Yahoo!に追加

Add to Google

Otock!!クーポン


Pagerank/ページランク

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



Copyright (C) 2006 ドライブ観光ガイド!, All rights reserved.