石川 能登半島最北端:日帰りドライブ 関西で石川 能登半島最北端を解説!



ブログトップ >カテゴリ: 日帰りドライブ 関西 >石川 能登半島最北端

2006年03月20日

石川 能登半島最北端


スポンサードサイト

禄剛崎灯台能登半島の最北端ってどんな所なんだろう? 何度かチャレンジしたけどあまりの遠さに断念することばかりだった。しかし、昨年の秋に念願叶ってやっと行く事が出来た。

輪島を出発して国道249号線をどんどん北上(正確には北東方面だが)し、大谷町で県道に入りそのまま海岸沿いのを走るとやがて最北端の禄剛崎にたどり着く。こういった岬とか半島の先端には大抵灯台があるが、ここ禄剛崎にも禄剛崎灯台と言うのがある。

灯台登り口の大型駐車場に車を止め、案内表示にしたがって急な坂道を登り始める。この坂道が半端じゃない急坂で、日ごろいかに運動してないかを思い知らされる事になる。登って行くにつれてだんだん視界が開けて来るが、のんびり景色を楽しむ余裕なんて・・・時間にして約10分位だったがいい運動になった。

急坂の上より急坂を登りきると、綺麗に整備された公園になっていて、その一番奥に禄剛埼灯台がある。海抜は46メートルあり、灯台の横はそのまま日本海へと落ち込む断崖絶壁だ。崖下には千畳敷といわれている平らな海食棚が広がっていて、干潮時は姿を見ることが出来るが、満潮になると海中に没する。

禄剛埼灯台は明治16年にイギリス人技師により設計されたフランス製不動レンズを使用したドーム型灯台である。明暗光を電気の点滅によらず、遮蔽板回転で行う方式は全国唯一のものである。また、灯台正面の記念額に菊の御紋章がついているのは全国でここだけだそうです。この灯台の光の到達距離は19海里(約35km)もあるそうです。

灯台のすぐそばに、東京まで302kmとかウラジオストックまで772kmとか釜山まで763kmと言った標識が立っていて、この日は残念ながら見る事は出来なかったけど、晴れた日には立山連峰佐渡ヶ島まで見えるそうです。そして海から昇る朝日海に沈む夕日が同じ場所から眺めることが出来る事でも有名です。例の急坂を除けば、人のあまりいない穴場的な所で、のんびり過ごすには最高の場所ですよ。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
カテゴリーページへ
フリーエリア
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


My Yahoo!に追加

Add to Google

Otock!!クーポン


Pagerank/ページランク

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



Copyright (C) 2006 ドライブ観光ガイド!, All rights reserved.