山梨 道の駅 なるさわ:道の駅 関東で山梨 道の駅 なるさわを解説!



ブログトップ >カテゴリ: 道の駅 関東 >山梨 道の駅 なるさわ

2006年08月31日

山梨 道の駅 なるさわ


スポンサードサイト
道の駅 なるさわ 案内図青木ケ原樹海の中、国道139号線に面した道の駅 なるさわは、ほぼ富士五湖の中心に位置しています。晴れていれば、その直ぐ後に雄大な富士山を見ることができます。駐車場も広く、トイレもキレイなので車中泊もOKですね。

道の駅 なるさわ特産品を上げるとしたら、富士桜でしょうか。富士桜とは、富士山の麓に生息する桜で、春に小さなかわいい花を咲かせます。その実は、あまずっぱくさわやかな味がするそうで、それをソフトクリームやワインに入れて造っています。「富士桜ソフト」や「富士桜ワイン」はここでしか手に入らないので、行くことがありましたら忘れずに(笑)他にも、「キャベツワイン」なんて言うのもありますので、興味がある方は試してみてください。

道の駅 なるさわ 物産館新鮮な高原野菜の直売所も人気があります。昼夜温度差が10℃以上ある富士山の北斜面で育った野菜は、甘くてとっても美味しいです。他の産地の地菜より美味しい鳴沢菜として固定客もついてて、鳴沢地区内での生産が間に合わない程売れているそうです。特にキャベツがお薦めです。

道の駅 なるさわ 不尽の名水コーナー駐車場の端っこに「不尽の名水コーナー」があって、地下300mからボーリングして汲み上げた富士山の水が手に入ります。富士山に降り注いだ雨や雪が伏流水となり、ふもとに流れてるんですが、とってもおいしく、水汲みの行列が出来ることもあります。

道の駅 なるさわ 富士山博物館富士山博物館も隣接してて、富士山とその周辺の歴史と自然を紹介。富士山のすべてがわかる博物館です。また、温泉施設「富士眺望の湯 ゆらり」も併設されてるので、ほんと1日遊べそうな所ですね。

■住所:山梨県南都留郡鳴沢村字ジラゴンノ8532-63
■電話:0555-85-3900
■開設時間:休憩室、インフォメーションコーナー:午前8時30分〜午後5時
       物産館:夏期 午前9時〜午後9時、冬期 午前9時〜午後6時
■休館日:年中無休
■駐車場:普通220台、大型22台(無料)


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリック→ランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by miffy   2006年09月01日 18:42
富士眺望の湯ゆらりに入って富士桜ソフトを食べて、不尽の名水飲んで、車泊というパターンを、勝手に企画してみました
実行してみたいんだけどなぁ・・・
2. Posted by SATOKO   2006年09月01日 20:21
富士桜ソフト?
(またも、ソフトネタに食いつく私)
ラベンダーは食べましたがこれは知りませんね〜。
お味見してみないと。
伊豆松崎のさくらアイスはなかなかいけましたよ。
ホッシーさん。どうして、道の駅にこんなに詳しいの?
道の駅シリーズ。強力です。これはすごいかも。
3. Posted by ホッシー   2006年09月01日 21:22
>miffyさん!
その企画、よろしいのでは(笑)
2日目は河口湖の周辺を散策するか、富士急ハイランドの絶叫マシンに乗るかかな?
4. Posted by ホッシー   2006年09月01日 21:26
>SATOKOさん!
伊豆松崎のさくらアイスは食べてないなぁ。。。
是非とも食べにかなきゃ(笑)

道の駅は、スタンプラリーによく参加しててスタンプ貰いついでになんか食べたりしてるからかな?
5. Posted by いしだま   2006年09月01日 21:56
富士桜ソフト・キャベツワイン
すごーく興味有り。
一時期,我が家も水に凝ってましたよ。
ポリタンが3つもあります。
6. Posted by ホッシー   2006年09月02日 00:36
>いしだまさん!
うちにも近所のスーパーのポリタンクがあったけど、車の中に置きっぱなしにしてたら、熱さで変形しちゃって、それから使ってないなぁ。。。
お水って重要ですよねぇ〜〜〜!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
カテゴリーページへ
フリーエリア
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


My Yahoo!に追加

Add to Google

Otock!!クーポン


Pagerank/ページランク

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



Copyright (C) 2006 ドライブ観光ガイド!, All rights reserved.