山梨 忍野八海(おしのはっかい):日帰りドライブ 関東で山梨 忍野八海(おしのはっかい)を解説!



ブログトップ >カテゴリ: 日帰りドライブ 関東 >山梨 忍野八海(おしのはっかい)

2008年06月12日

山梨 忍野八海(おしのはっかい)


スポンサードサイト

忍野八海の景観富士五湖山中湖河口湖の間に忍野八海(おしのはっかい)は有ります。昔この付近は宇津湖と言う大きな湖だったそうですが、富士山噴火による溶岩流で湖が分断せれ、山中湖と忍野湖に分かれたそうです。やがて忍野湖は枯れてしまい今の姿になったとの事です。

忍野八海 湧池にて忍野八海には、八つの湧水池があり、それぞれ湧池、出口池、お釜池、濁池、鏡池、菖蒲池、底抜池、銚子池と言う名前が付けられています。富士山より長い年月かけて湧き出る水はとっても冷たくて綺麗ですよ。湧池のそばの「かまのはた」と言う売店の前には、「30秒間名水に手を入れてみて!!」なんて書いてあって直接水に手を入れる事ができますが、私は無理でした(笑)

忍野八海の湧水この湧池の辺りが、一番賑やかで売店や食事何処が固まっていますので、この近くに車を止めるのが良いですね。駐車場は個人で経営してるのがあちこちにあって、相場は1日300円です。私が止めた所には管理してる人が誰も居ませんでしたが、しっかり箱に300円入れてきましたよ(笑)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
カテゴリーページへ
フリーエリア
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


My Yahoo!に追加

Add to Google

Otock!!クーポン


Pagerank/ページランク

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



Copyright (C) 2006 ドライブ観光ガイド!, All rights reserved.