京都の観光ガイドをホッシーがこのブログで 紹介します!京都の観光ガイドはおまかせください!



ブログトップ>カテゴリー: 京都の観光ガイド

京都の観光ガイド

京都の観光ガイドについてのページです。
京都の観光ガイドについて新着順に記事を並べています。

スポンサードサイト
カテゴリー記事一覧
京都 伏見 月桂冠大倉記念館
京都 博多長浜ラーメン みよし
京都 銀閣寺(慈照寺)
京都 金閣寺(鹿苑寺)
京都 八幡市 木津川 流れ橋
京都 東本願寺 御影堂門(ごえいどうもん)
京都 道の駅 農匠の郷やくの
京都 傘松公園から見た天の橋立
京都 先斗町 招月庵 と BAR ATLANTIS
伊根の舟屋

2011年04月24日
京都 伏見 月桂冠大倉記念館

月桂冠大倉記念館月桂冠大倉記念館は、大倉酒造の創業350年を記念して1909年(明治42年)に建造された酒蔵を改装して作られました。京都市指定有形民族文化財の酒造用具類のうち約400点が常時展示されています。他にも創業からの歴史を語る酒器類や酒造りの現場で実際に使われた酒造用具類などが展示されています。

月桂冠大倉記念館 レトロな街並み伏見城の外堀にあたる濠川(ほりかわ)から眺める酒蔵のレトロな風景は見てるだけでもとっても落ち着きます。付近一帯は「重要界わい景観整備地域」に指定されていて、土色に近いカラー舗装やレトロ調の電灯の設置、電柱の地中化等がの整備がされています。

月桂冠大倉記念館 井戸(さかみず)月桂冠大倉記念館の中庭にある井戸から湧き出る水は「さかみず」と言われていて、酒造りの命の水です。この井戸は昭和36年(1961年)に新しく掘り直したもので、地下約50mからの水は、今でも隣接する酒蔵で使われています。その清らかに澄んだ水はきめ細かくまろやかな酒質を生み出す源になっています。「さかみず」という名は「栄え水」とともに古くは酒の異名でもありました。

■住所:京都市伏見区南浜町247番地
■電話:075-623-2056
■開館時間:午前9半〜午後4事半
■休館日:盆、年末年始
■入館料:大人300円、中学・高校生100円 お土産付き
     純米酒(180ml)1本。未成年には「酒造り絵はがき」
■駐車場:バス6台(見学者のみ、要予約)、乗用車22台

月桂冠大倉記念館のホームページはこちら


2011年04月22日
京都 博多長浜ラーメン みよし
博多長浜ラーメン みよし博多長浜ラーメン みよし






博多長浜ラーメン みよし」は京都三条木屋町にあります。車で行くのにはちょっと大変かもしれませんが、近隣に何件かのコインパーキングはあります。そんなに綺麗なお店では無いけれど、どこか懐かしい屋台ラーメン屋さんの雰囲気があります。

博多長浜ラーメン みよし 店内の様子席は全てカウンター席で、そのカウンターの上には辛味噌天かすカレー粉白ゴマ紅ショウガ等が置いてあって、自由にアレンジして食べる事ができます。夏はとっても暑いけど、でもなぜか行きたくなっちゃいますよね(笑)

博多長浜ラーメン みよし ラーメンスープはもちろん豚骨で、コクがあるけどあっさりしていて美味しいです。麺も極細麺でコシがあって美味しいです。替玉(100円)が有るのも嬉しいですね。以前何かの番組でGACKTさんもここのラーメンが好きだと言ってましたね。

■住所:京都市中京区木屋町三条下ル石屋町115辻田ビル1F
■電話:075-211-8814
■営業時間:午前11時〜翌午前6時
■定休日:無休
■駐車場:無

2010年10月12日
京都 銀閣寺(慈照寺)
銀閣寺(慈照寺)入口銀閣寺境内図






銀閣は、室町幕府八代将軍足利義政公が1490年(延徳2年)に鹿苑寺の金閣舎利殿を模して造営した観音殿で、観音殿を含めた寺院全体が銀閣寺と呼ばれています。

銀閣 観音殿銀閣と呼ばれるようになったのは江戸時代以降のことらしいですが、銀箔を貼ってある訳でなく、金色に輝く金閣と比べてとても質素にみえます。これには様々な説があって幕府の財政事情とか、銀箔を貼る前に義政が他界したとか、外壁の漆が光の加減で銀色に輝いて見えたとか、貼られていた銀箔が剥がれ落ちた等と言われています。

紅葉の銀閣観音殿画像は平成21年11月に撮影した物だが、丁度修復中で残念な姿を見せていました。今年の3月にこの修復は完了してますが、杮葺の屋根の葺き替え、柱や壁など傷んだ部材の交換、耐震補強、2階の潮音閣内部に黒漆を塗るなど総事業費約1億4,000万円かかったそうです。またいつか行かなきゃならないと思ってます(笑)

京都市銀閣寺観光駐車場駐車場は、京都市銀閣寺観光駐車場を利用するのが近くて便利だと思います。売店や食事処も曜日や時間によって利用できると思いますよ。銀閣まで徒歩5分程です。


【慈照寺 事務局】
■住所:京都市左京区銀閣寺町2
■電話:075-771-5725

2010年01月14日
京都 金閣寺(鹿苑寺)

金閣 鹿苑寺 案内図金閣寺は正式には鹿苑寺(ろくおんじ)と言いますが、通称名である金閣寺の方がはるかに有名ですね。一般的に言われる金閣とは、舎利殿の事であり、お釈迦様の骨が祀られているといわれています。一層目は寝殿造り、二層目は武家造り、三層目は禅宗仏殿造りと言われていて、二層目と三層目と屋根の上の鳳凰には金箔が貼ってあります。これが金閣と言われる所以ですね。

金閣 鹿苑寺以前あった金閣寺は、国宝に指定されていましたが、昭和25年(1950年)に若い寺僧の放火により全焼してしまいました。そして5年後に再建されましたが、再建された金閣寺は国宝に指定されていません。昭和62年(1987年)には金箔を厚いものに張り替える修復工事が行われています。

金閣寺は曜日、季節に関係なく数多くの人で混雑しています。無理のないスケジュールをお薦め致します。

【鹿苑寺 事務局】
■住所:京都市北区金閣寺町1
■電話:075-461-0013

2009年03月16日
京都 八幡市 木津川 流れ橋

流れ橋周辺案内図京都府の府道八幡城陽線の木津川に架かる流れ橋は正式には上津屋橋(こうづやばし)といい、八幡市と久御山町を結んでいます。全長は現存する木の橋の中でも日本最大級で、全長356.5mあります。この場所には、かつて渡し舟があって、住民の往来に利用されていましたが、昭和26年にこの渡し舟が廃止されて、この流れ橋が完成しました。

流れ橋(上津屋橋)木津川は度々増水して付近に被害をもたらす暴れ川でした。この川に架ける橋も度々流されたのでは、たまったものでありません。そこで考えられたのが、増水時に橋板が浮いてバラバラになり、水の抵抗を軽減する構造でした。バラバラになるといっても、ワイヤーに繋がれた八っつのパーツに分かれて、水が引いたらそのワイヤーを手繰り寄せて元通りに直せる構造です。よく考えたものですね。ちなみに過去16回流されている様です(笑)

夕刻の流れ橋この付近一帯は木津川の砂地の河原が大きく広がっていて、目立つコンクリートの護岸や電柱がありません。正に時代劇のロケ地に最適と言う訳ですね。この流れ橋をバックに数々の時代劇等のロケーションに利用されています。

流れ橋 注意書きこの付近は、散歩のコースになっているのか、結構な往来がありました。しかし「バイク・自転車は押して渡って下さい」と言う注意書きが有るにも関らず、これを守ってる方はほとんど居ませんでした。三脚立てて撮影してる真横をです。このマナーの悪さには困ったものですね。

■問合せ:やわた流れ橋交流プラザ 四季彩館
■住所:八幡市上津屋里垣内56番地の1
■電話:075-983-0129

2006年11月11日
京都 東本願寺 御影堂門(ごえいどうもん)

東本願寺 御影堂門先日京都に行ったときに、東本願寺御影堂門を見て、なんて大きく素晴らしい門なんだろうって思いました。ここへは、中学校の修学旅行で来てるはずなんだけど、まったく記憶に残ってませんでした。同じ景色を見て感じる部分って、年齢を重ねる毎に変わっていくんだなぁ〜って改めて思いました。

東本願寺真宗大谷派の本山で、別名真宗本廟(しんしゅうほんびょう)と言われています。写真の御影堂門は、京都三大門の一つで、明治44年に再建されました。高さは27mだそうです。京都三大門の他の2つは、知恩院三門南禅寺三門です。

のんびり冬の京都でも散策してこようかなぁ〜なんて思っちゃいました。

【東本願寺】
■住所:京都市下京区烏丸通七条上ル
■電話:075-371-9210
■時間:5時半〜17時半(冬期6時20分〜16時半)

2006年09月26日
京都 道の駅 農匠の郷やくの
道の駅 農匠の郷やくの 夜久野高原温泉夜久野高原温泉入口







この道の駅 農匠の郷やくのには、温泉目的で立ち寄りました。かなり規模が大きい道の駅らしいけど、暗かったのでよく解りませんでした。駐車場に車を止め、施設図を頼りに歩くこと約5分。木造平屋作りの夜久野高原温泉ほっこり館」に到着。日曜日の夜だったけど、比較的空いていました。ちなみに料金は、大人(中学生以上)600円、小人(3歳以上)300円です。

夜久野高原温泉フロント建物は綺麗で、清潔感があってとってもよかったです。「ほっこりの湯」と「ゆっくりの湯」があって、それぞれ奇数日と偶数日で男性女性が入れ替わるシステムになってます。この日は男性が「ゆっくりの湯」の日でした。内湯にはミストサウナ、露天にはジャグジーや打たせ湯があって、大満足でしたよ。「ほっこりの湯」の方にはドライサウナや薬湯の岩風呂があるようです。どちらもいいですね。

夜久野高原温泉 館内の売店温泉以外の施設は、売店、レストラン、宿泊施設、ベゴニア園、郷土資料館、丹波漆の展示館、茶室などがあるそうです。「農匠の郷」と言うだけあって地元農産物の販売に力を入れてて、堀川ごぼうやぶどう、夜久野茶、黒豆などが販売されているそうです。

ほんと時間があれば、1日中遊べそうな道の駅ですね。

■住所:京都府福知山市夜久野町平野2150番地
■電話:0773-38-9800
■開設時間:温泉 午前10時〜午後10時
      特産販売 午前10時〜午後7時
      飲食施設 午前11時〜午後9時
■休館日:毎週水曜日
■駐車場:178台 [大型車8台/普通車170台]


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリックランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ

2006年09月09日
京都 傘松公園から見た天の橋立
天の橋立天の橋立は、安芸の宮島(広島県)、松島(宮城県)とならんで日本三景の一つと言われています。天の橋立が見れる展望台って色々あるけど、お気に入りが「傘松公園」です。ここは、天橋立を見下ろす絶景の展望台があります。有名な「股のぞき」のスポットでもあります。

股のぞき」と言うのは、天の橋立を背にして立って、股(両足の間)から覗くと、天地が逆転し、まさに天に架かる橋のように見えると言う離れ業です(笑)もちろん試してみましたが、なんだかよく解らず、考えてるうちに頭に血が昇って気持ち悪くなってしまいました。おかげ様で、写真も一枚しか撮ってません(^-^;

麓から傘松公園までは、ケーブルカーか、リフトで行くことが出来ますが、リフトが気持ちよかったです。ちなみに撮った写真を逆さまにして見たけど、やっぱりよく解りませんでした。


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリックランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ

2006年08月01日
京都 先斗町 招月庵 と BAR ATLANTIS

先斗町四条通入口先斗町(ぽんとちょう)は三条通から四条通の間、鴨川堤防西側の通りで祇園と並ぶ古い花街ですが、最近は小料理店も多くなり初めての方でも気軽に入れるお店が結構あります。すれ違うのがやっとのこの細い通りは、夕暮れ時から京の情緒あふれる姿を見せ始めます。土曜日に行ってみましたが、かなりの混雑で、細い道が一層細く感じられましたが(笑)

土曜日の先斗町はさすがに混んでます夏場は鴨川の涼風を感じながら川床で料理を楽しむことが出来ます。京都の風物詩の一つ、鴨川の川縁に等間隔に並ぶカップルを見る事もできますよ(⌒▽⌒)アハハ!






四季の味 招月庵 パンフレットより今回最初に行ったお店が、先斗町の真中あたりに公園が有りますが、その横にある「四季の味 招月庵」と言う京料理を現代風にアレンジした創作料理が楽しめるお店です。一品料理が500円からと、かなりリーズナブルで、味も大満足でした。写真が良く撮れてなかったので、お店に置いてあったパンフレットを載せておきます。雰囲気を感じ取って頂けたらと思います。

BAR ATLANTIS 川床のカウンター席BAR ATLANTIS 一番奥の席からの眺め






そして2軒目は「BAR ATLANTIS(アトランティス)」です。ここは超お薦め!5月1日から9月30日の間、川床がオープンしてて星空を眺めながら鴨川のせせらぎをBGMにグラスを傾ける事ができます。お酒の種類も400種類以上あって、季節の果物を使ったカクテルがとっても美味しかったです。お気に入りのアイルランドのギネスブラック・ブッシュが置いてあったのもかなりの高ポイントかも(笑)店員さんの気配りも嬉しかったです。最初は混んでて、入口付近のカウンター席でしたが、奥の席が空くと移動させてくれます。最終的には一番奥の一等席になりました(笑)

【四季の味 招月庵】
■住所:京都市中京区先斗町通り四条上ル
■電話:075−223−1401
■営業時間:17:00〜23:00(LO22:30)

【BAR ATLANTIS】
■住所:京都市中京区四条先斗町上ル松本町161
■電話:075-241-1621
■営業時間:18:00〜26:00 日曜〜25:00
BAR ATLANTIS ホームページ


いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリック→ランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ


2006年05月01日
伊根の舟屋
いつもドライブ観光ガイドを応援して頂いてありがとうございます。みなさんの応援が私のやる気に繋がります。
ここをクリック→人気ブログランキング にほんブログ村 旅行ブログ

伊根湾の舟屋伊根町は、京都府の北部、丹後半島の北端部に位置しています。昭和29年11月3日に伊根、朝妻、本庄、筒川の四ヶ村が合併し伊根町が誕生しました。海岸には、伊根、新井、泊、浦嶋、本庄(蒲入)の5つの漁港があり、好漁場にも恵まれた沿岸は漁業が盛んに営まれています。伊根は、古くは「伊禰の浦」と言い、その名称については、垂仁天皇の時代(西暦29〜70年)に呼ばれたと言いわれ、若狭湾国定公園に指定されています。

伊根湾の舟屋伊根湾に沿って海面すれすれに建ち並ぶ約230軒の「舟屋」!その景観は全国でも珍しく、伊根町独自の詩情を漂わせています。一階部分が船の格納庫や物置、作業場に使用され、二階部分は二次的な生活の場としての居室となり、民宿を営んでる家もございます。満潮時には、まるで海に浮かんでいる様に見え、全国にも珍しく波の荒い日本海では他にみることの出来ない景観です。映画「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」の舞台となり一躍有名になりました。最近では、NHKドラマ「ええにょぼ」でも舞台となりました。舟屋の二階で波音を聞きながら、伊根の魚貝類を楽しむのも情緒があっていいですね。


ランキングに参加中よかったらクリックしてね! にほんブログ村 旅行ブログへ


カテゴリーページへ
フリーエリア
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


My Yahoo!に追加

Add to Google

Otock!!クーポン


Pagerank/ページランク

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



Copyright (C) 2006 ドライブ観光ガイド!, All rights reserved.