大分の観光ガイドをホッシーがこのブログで 紹介します!大分の観光ガイドはおまかせください!



ブログトップ>カテゴリー: 大分の観光ガイド

大分の観光ガイド

大分の観光ガイドについてのページです。
大分の観光ガイドについて新着順に記事を並べています。

スポンサードサイト
カテゴリー記事一覧
大分 日本100名城 岡城
大分 道の駅 原尻の滝(はらじりのたき)

2011年10月11日
大分 日本100名城 岡城
岡城阯岡城展望レストランと駐車場






日本100名城
の1つ岡城は、竹田市中心街から程近い大野川白滝川)と稲葉川の深い渓谷を堀として断崖上に築かれた中川氏の名城です。海抜は325m、広さ100万屬噺世錣譟東京ドームに換算すると約22個分にあたります。現在では石垣が残るのみの名城となります。1936年(昭和11年)12月16日に、国指定史跡に指定されています。

岡城 観覧券発売所岡城跡案内図






岡城阯は『日本さくら名所100選』に選定されていて、毎年4月上旬には優雅な大名行列が行き交う「岡城桜まつり」が行われます。また、岡城跡の松籟として『日本の音風景100選』に選ばれています。因みに松籟(しょうらい)とは、針のような松葉が何千何万本と風に揺れて擦れ合う際に立てる音の事です。中秋の名月より晩秋にかけてが、特によく聞こえ風情があると言われています。

巻き物になった縄張り図巻き物になった縄張り図 広げたところ






駐車場の一番奥の観覧券発売所で入場料300円を支払うと巻き物になった縄張り図が頂けます。これがとっても重宝しますし、記念にもなりますね。余談ですが、竹田は「荒城の月」を作曲した瀧廉太郎が少年時代を過ごした事でも有名です。この荒城とは岡城阯の事だったんですね。

■住所:大分県竹田市大字岡
■電話:0974-63-4807(竹田市役所商工観光課)
■観覧料:高校生以上300円、小学生以上150円
■開園時間:午前9時〜午後5時
■開園休日:なし
■駐車場:無料

2011年09月21日
大分 道の駅 原尻の滝(はらじりのたき)
道の駅 原尻の滝道の駅 原尻の滝 案内板






道の駅 原尻の滝は、農村景観日本百選にも選ばれている豊後大野市緒方町の長閑な田園風景の中にあります。春(4月第1土曜日〜第3日曜日迄)には約50万本のチューリップが咲き乱れる「緒方町チューリップフェスタ」が行われ、滝付近への自動車でのアクセスが制限されます。

道の駅 原尻の滝 滝見橋原尻の滝 正面






この道の駅の一押しは何と言っても駅名にもなっている「原尻の滝」でしょうね。その大きさは幅120m、高さ20mで「東洋のナイアガラ」と呼ばれています。滝の直ぐ下流に「滝見橋」という木造の吊り橋があって、その雄大な姿を正面から見る事が出来ます。この吊り橋そこそこ怖いですよ(笑)

原尻の滝 沈下橋原尻の滝 沈下橋より下流方面を望む






また、原尻の滝のすぐ上流には沈下橋(ちんかばし)が架けられていて、原尻の滝の周りを一周する遊歩道が整備されています。沈下橋とは、普段は普通に橋として利用出来ますが、増水時は水面下に沈んでしまう橋の事を言います。

原尻の滝を下から見上げる道の駅 原尻の滝 滝の館






原尻の滝をもっと近くで見たい方は、滝壺の近くまで降りて行ける遊歩道があるので行ってみてください。とっても雄大な姿が見れますよ。増水時の姿は写真でしか見たこと無いけど大迫力なんでしょうね。でも、少しでも危険だと思ったら近付かない方が無難だと思います。

■住所:大分県豊後大野市緒方町原尻936-1
■電話:0974-42-4140
■営業時間:午前8時半〜午後5時半(物販施設・情報端末)
        午前10時〜午後5時半(レストラン)
■休館日:12月31日、1月1日のみ
■駐車場:普通車200台、大型車10台、身障者用2台

カテゴリーページへ
フリーエリア
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


My Yahoo!に追加

Add to Google

Otock!!クーポン


Pagerank/ページランク

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



Copyright (C) 2006 ドライブ観光ガイド!, All rights reserved.